今年もお世話になるクラビットジェネリック!恐怖のクラミジア

クラミジアの治療薬

国内でもっとも多い性病をあなたはご存知でしょうか??
それは「クラミジア」です。
国内には100万人を超える患者数がおり、年齢別に見るとある年代が世界一という不名誉な栄冠を手にしています。
それが、日本の女性高校生です。
約13%の感染率とされ、これは世界的に見ても断トツです。
30人1クラスだとすると、クラスに最低でも3人もクラミジアに感染している計算になります。
この病気が非常に感染しやすいこともありますが、もう1つ特徴として「無自覚」ということが挙げられます。
女性の約80%が感染に気付かぬままと言われ、10代の女性を中心に蔓延している傾向にあります。
年齢が若いと適切な治療をなかなか受けないという事も考えられます。
「親に知られたくない・・・」「自然治癒するでしょう」など、性病に対しての知識が薄いことで、症状を悪化させてしまうこともあります。
そこで個人的にも治療が出来る、「クラビットジェネリック」をご紹介。
これは「LQuin」と呼ばれる製品で、同じ成分「レボフロキサシン」を用いてる抗生物質です。
病院処方とまったく同じ薬を海外通販を利用することで、購入することが出来てしまいます。
クラビットジェネリックの作用は、次のようになっています。
細菌の細胞内に侵入することで、DNA(遺伝子の情報)が複製されることを阻害し、菌の増殖を抑える効果が得られます。
細菌が体内で死滅することでクラミジアの症状が治まり、完治に向かうとされています。
病院でも処方される機会が多い薬のジェネリックだけに、きちんと治療することができます。
女性の話を中心にしてきましたが、男性も要注意。
約50%の人が感染に気付かないと言われ、悪化すると精巣に細菌が入り込んでしまい「精巣上体炎」を起こすようになります。
場合によっては精子の通り道が炎症によって癒着してしまうこともあるので、無精子症となり男性不妊の原因となることもあります。
身近に潜む危険な病気なだけに、きちんとした対処方法(クラビットジェネリックの服用など)を身につける必要があります。
性病はこの他にも複数あります。
こどもを望まなSEXでは必ずコンドームを使用するようにしてください。
それだけでも感染率を大きく減らすことが出来るはずです。

■紹介サイト
 クラミジア治療薬のクラビットジェネリックならお薬110番